DXLIVEでプリペイドカードは使えるの?【画像付き解説有り】

DXLIVEでプリペイドカードを使うことができます。DXLIVEに入会する時やポイントを購入する時にプリペイドカードを使うことができます。

 

 

しかし全てのプリペイドカードが使えるわけではありません。

 

 

DXLIVEで使用できるカードブランドの「VISA」「MasterCard」「JCB」「ダイナーズクラブ」の4種類です。

 

 

ゆうちょ銀行デビットカードのジェイデビットなど日本国内でしか使えないカードブランドだとDXLIVEで使う事ができません。

 

 

DXLIVEは海外のライブチャットなので、支払いがドル決済です。そのため全国で使える国際ブランドのカードブランドマークが入ったプリペイドカードしか登録できないです。

 

 

DXLIVEで使えるカードブランドのプリペイドカードなら、クレジットカードの代わりに使うことができます。会員登録やポイント購入に使えます。

 

 

DXLIVEにはプリペイドカード専用の決済ページはないので、クレジットカード番号のところにプリペイドカードのカード情報を入力します。

 

 

またDXLIVEでプリペイドカードを使う場合、両替手続きは必要ありません。

 

 

 

 

 

DXLIVEで使えるプリペイドカード一覧

DXLIVEで使えるプリペイドカードを一覧にしました。

 

 

DXLIVEで使えるカードブランドは、「VISA」「MasterCard」「JCB」「ダイナーズクラブ」の4種類です。これらのカードブランドのマークが記載されているプリペイドカードなら、DXLIVEのポイント購入時の決済に使えます。

 

  • Vプリカ
  • ライフカード
  • LINEPAYカード
  • ジャパンネット銀行VISAデビット
  • 三井住友VISAプリペイド
  • りそな銀行デビット
  • スルガ銀行VISAデビット
  • ファミマTカード
  • あおぞら銀行キャッシュカードプラスVISAデビット
  • 三菱UFJデビット
  • 楽天銀行デビット
  • セブン銀行デビット
  • GMOあおぞらネット銀行VISAデビット
  • ソフトバンクカード
  • dプリペイド(dカード)
  • バニラVISA
  • WebMoneycard
  • auwallet

 

代表的なのはVISAプリペイドカードのVプリカです。Vプリカなら審査無しでコンビニで購入できるため、クレジットカードがなくてもすぐにDXLIVEで遊ぶことができます。

 

手持ちにプリペイドカードがない場合は、繋ぎでVプリカを使う人も多いです。

 

 

おさいふポンタは使用不可

おさいふポンタはローソンなどで使えるプリペイドカードです。しかしおさいふポンタは2020年7月31日で全てのチャージが終了してしまいました。

 

 

有料アダルトサイトやDXLIVEなど、クレジットカードの代わりにおさいふポンタを使うことはできないです。

 

 

おさいふポンタしか無い場合は、他のプリペイドカードを使う必要があります。

 

 

 

 

 

DXLIVEでプリペイドカードを使うデメリット

ここからはDXLIVEでプリペイドカードを使うデメリットを解説します。

 

  • 海外事務手数料がかかる場合がある
  • 残高不足で決済できない
  • 稀に決済できない場合がある

海外事務手数料がかかる

DXLIVEは海外運営のライブチャットなので、プリペイドカードを使って決済する時は、海外事務手数料がポイント決済金額の2%~4%かかる場合があります。

 

 

プリペイドカードによって違うため、事前にどれ位の海外事務手数料がかかるのか確認しておくといいでしょう。

 

 

DXLIVEはポイントを購入しない限り料金は請求されません。

 

 

残高不足だと決済できない

プリペイドカードのVプリカの場合、カード残高が不足していると決済できないというデメリットがあります。

 

 

DXLIVEは海外のライブチャットなので、決済はドル支払いになります。ドル決済だと為替レートによって日々変動しており、円安や円高の影響を受けてしまいます。

 

 

DXLIVEでは1ポイントが2ドルなので25ポイントだと50ドルです。その日の為替レートが1ドル110円だった場合、50ドルだと5500円なので、500円分不足しています。

 

 

残高に余裕があれば残高不足に陥ることはありませんが、DXLIVEでは1ポイント単位で購入できないので、Vプリカを使う場合は残高不足に気を付ける必要があります。

 

 

またプリペイドカードは分割払いや後払いはできません。クレジットカードのようにリボ払いには対応してないです。

 

 

稀に使えない場合あり

DXLIVEで使える国際ブランドでも、使えないプリペイドカードがあります。

 

 

VプリカでDXLIVEのポイントを購入できたのを確認済ですが、他のプリペイドカードでは決済できない可能性もあります。

 

 

またDXLIVEではクレジットカードと銀行振り込み、郵便振り込み以外の支払い方法についてサポートしてないです。プリペイドカードによる決済についてDXLIVEのカスタマーサポートに連絡してもサポートしてくれません。

 

 

プリペイドカードで100%絶対に決済したりDXLIVEに入会できるわけではないので注意。

 

 

DXLIVEはデビットカードで入会できる?

 

 

プリペイドカードを使うメリット

  • セキュリティ面で安心
  • 審査無しで発行できる
  • Vプリカならコンビニで即日発行可能

 

セキュリティ面で安心できる

クレジットカードは完全後払いのため、不正利用された場合、セキュリティー面でリスクはあります。

 

 

DXLIVEでは今までに架空請求やカードの不正利用などの被害は1度もありません。

 

 

それでも不安な場合、プリペイドカードなら残高以上は決済できないため、セキュリティー面でクレジットカードよりも安全といえます。

 

 

カード発行に審査無し

プリペイドカードは事前にチャージして使うタイプなので、カード発行時に審査がありません。
クレジットカードは完全後払いなので審査が厳しくなりますが、プリペイドカードには審査がないです。
審査が厳しくてクレジットカードを持っていない方でも、プリペイドカードなら審査無しで持つことが可能です。

 

 

 

Vプリカはコンビニで購入できる

VISAプリペイドカードのVプリカはコンビニでいつでも購入することができます。

 

 

審査無しで発行できるため、18歳以上の方なら誰でも購入できるので便利です。

 

 

更にVプリカはニックネーム(匿名)で登録することができ、DXLIVEで本名を入力せずにニックネーム(匿名)で会員登録ができます。

 

 

DXLIVEでVプリカを使えば個人情報を一切入力せずにDXLIVEに会員登録して遊ぶことができます。

 

 

DXLIVEでVプリカは使える?

 

 

 

 

 

まとめ

素人女性の無修正オナニーが見れるDXLIVEはプリペイドカードで会員登録してポイントを購入することができます。

 

 

しかし全てのプリペイドカードが使えるわけではなく、使えるカードブランドは「VISA」「MasterCard」「JCB」「ダイナーズクラブ」の4種類だけです。

 

 

プリペイドカードに上記4種類の内、いずれかのマークが入っていれば、DXLIVEで使うことができます。

 

 

相互オナニーができるDXLIVEではプリペイドカードで無料会員登録すると、無料お試しポイントが貰えます。10分ほど無料でお試しできるため、エロチャットものぞきチャットすることが可能です。

 

 

女子大生やフリーター、コスプレイヤー、看護師など様々な女性が在籍しているDXLIVEでは、Vプリカで決済する人も多いです。パソコンやスマホ、タブレットなど、パソコン以外の端末でもDXLIVEで遊べます。もちろんどのデバイスからでもプリペイドカードが使えます。

 

 

クレジットカードがないからDXLIVEに入会できない、と思っていた方でも、プリペイドカードがあればDXLIVEに入会してリアルタイムの無修正オナニーを見ることができます。

 

 

またDXLIVEにはクーポンがあり、初回無料お試しポイントが増える10ドルクーポン、ポイント購入時に5%割引きされる5%割引きクーポンの2種類があります。

 

 

プリペイドカードで決済する場合でもクーポンコードは使えるので、会員登録時やポイント購入時に忘れずにクーポンを使いましょう。

 

 

DXLIVEのクーポンコードはこちら